全店のセール&フェア情報

ストラディヴァリウスバイオリン&
トルテ弓 コンサート

ゲスト:泉里沙(バイオリン)、日下知奈(ピアノ)

2019年5月11日(土)

14:00開演

会場:クロサワバイオリン渋谷本店

無料/予約制

バイオリニスト泉里沙さんをゲストに迎え、特別なコンサートを開催いたします。当社所有のストラディヴァリウスバイオリンを、こちらも当社所有のトルテ弓で演奏するという贅沢な内容です。
ともにその世界の最高峰といわれる銘器たちと一流の演奏家が出逢ったとき、どのような音色が生まれるのか。ぜひご堪能ください。

 Stradivarius "Lord Borwick" 1702

アントニオ・ストラディヴァリの黄金期の作と言われる歴史的名器です。1640年代にイタリアのクレモナに生まれたストラディヴァリは、二コラ・アマティに弦楽器製作を師事し、亡くなる1730年代まで多くの楽器を製作しました。 彼の作品はその後の弦楽器製作の規範となっており、現在でも多くの製作家が追い求める理想の作品です。


 Francois Xavier Tourte 1795~1800s

弓のストラディヴァリウスと言われているフランソワ・クザヴィエ・トルテ。かつてバロック様式から現代様式のスタンダードな弓の形状を確立し、弦楽器奏法の可能性を飛躍的に高めたことで知られています。トルテの弓は世界中のトッププレイヤーの憧れでもあり、歴史的価値のある貴重な作品です。


 プログラム

・バッハ / パルティータ 第3番 BWV 100
・ブラームス / バイオリンソナタ 第2番 Op.200 第1楽章
・チャイコフスキー / バイオリンコンチェルト 第3楽章
・ウィリアムズ / シンドラーのリストのテーマ


[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。その際、氏名、年齢、連絡先をお知らせください。

[申し込み締切]
定員に達し次第終了。

 メール予約はこちらから

メールソフトが起動しますので、上記必要事項をご記載ください。
※定員に達し次第受付終了とさせて頂きます。

泉里沙(バイオリン)

ロンドンで生まれる。最年少にてRoyal Academy of Music, Junior にスカラーシップを得て入学。東京芸術大学音楽部附属音楽高等学校、同大学卒業 同声会賞受賞。同大学大学院修士課程修了。ウィーン・コンセルヴァトリウム大学院修士課程を 首席にて修了。YBP国際コンクール第1位、日本学生音楽コンクール中学の部第2位、日本クラシック音楽コンクール全国大会第2位、摂津市主催LCコンクール金賞受賞、ヴィ二アウスキー コンクール、ヤンポルスキーコンクールにてディプロマ賞受賞、ポルトグルアーロ音楽祭最優秀賞受賞など入賞多数。Sofia Philharmonic, Royal Academy of Music Chamber Orchestra, Finchley Chamber Orchestra,Thames Philharmonia Orchestra, 日本センチュリーオーケストラ、テレマン室内オーケストラなどと共演。 関西では 松原文化会館 、いずみホール 、兵庫芸術文化センターでコンサート出演し 東京 ロンドンなどでも国際的に活動している。


日下知奈(ピアノ)

東京藝術大学音楽学部付属高、同大学、同大学大学院修了。京都芸術祭毎日新聞社賞受賞。第14回園田高弘賞ピアノコンクール第3位、併せてメシアン賞受賞。2002年よりケルン音楽大学に留学し、パーヴェル・ギリロフ氏に師事。スルモナ、エンニノ・ポリーノ、ヴァンナ・スパダフォーラ、ケルンショパンコンクールで入賞。ケルン音大をピアノ・室内楽ともに首席で卒業。第3回東京音楽コンクール第3位。2007年バロックザール賞受賞。2009年摂津音楽祭伴奏者賞。神戸室内合奏団と共演。また同年より2012年まで東京藝術大学弦楽科伴奏助手を務める。2013年日経ホール主催公演でチェコフィルコンサートマスター、ヨゼフ・シュパチェクと共演し好評を博す。2014年には東京オペラシティ(小)にてリサイタルを開催し、音楽誌上にて絶賛される。NHK-FM出演のほか国内各地でソリスト、室内楽奏者として幅広く活躍している。2012~2015年東京芸術大学室内楽科非常勤講師を経て、現在同大学弦楽科伴奏助手、国立音楽大学付属高等学校・中学校講師。

モラッシーファミリー 特別招聘イベント 2days

ゲスト: シメオネ・モラッシ、ジョバンニ・B・モラッシ

2019年4月14日(日)

14:00開演

会場:クロサワバイオリン渋谷本店

無料/予約制

4月13~14日の2日間、クロサワバイオリンお茶の水店・渋谷本店にてシメオネ/ジョバンニ氏による特別招聘イベントを開催致します。各マエストロに自身の作品について製作ストーリーを語っていただくほか、当社で初めてシメオネ氏の長男であるジュリオ氏の新作バイオリンを展示いたします。また、昨年2月に惜しまれつつ亡くなられたシメオネ氏の父、ジオ・バッタ・モラッシー氏の若き時代のバイオリンを特別に展示し、シメオネ氏に父の人物像なども語っていただく予定です。観覧は無料ですので、事前にご予約の上、是非お越しください。

※展示予定楽器は各イベント時に合わせて展示致します。4月15日以降はお茶の水店にて引き続き展示/商談会を実施致します。

 【1】プレゼンテーション& レクチャー

G.B.モラッシの経歴をクレモナ・バイオリン・スクールの歴史も含めたスライドを使ったプレゼンテーションや製作レクチャー等(所要時間40分~60分)


 【2】モラッシによる楽器の点検調整会

モラッシ作の楽器をお持ちのお客様向けに、楽器の点検調整会を開催いたします。(一人10分程/定員5名)

[申し込み方法]
【1】と【2】それぞれ別々にお申し込みを受け付けいたします。メールまたはお電話でご予約下さい。
その際、氏名、年齢、連絡先、【1】と【2】どちらを希望かご明記ください。両方の場合はその旨をご記載ください。

[申し込み締切]
定員に達し次第終了。

 ご予約・お問い合わせはこちらから

メールソフトが起動しますので、上記必要事項をご記載ください。
※定員に達し次第受付終了とさせて頂きます。

Simeone Morassi (シメオネ・モラッシ)

1966年生まれ。弦楽器製作界の巨匠ジオ・バッタ・モラッシ氏の長男として生まれる。製作学校を卒業後モラッシ工房で後継者として働き、ポーランドやチェコなどのコンクールで優秀な成績を修めている。


Giovanni Battista Morassi (ジョバンニ・バティスタ・モラッシ)

1969年生まれ。ジオ・バッタ・モラッシ氏の甥。ジョルジオ・スコラリと共に工房を開く。クレモナやバーニャカヴァッロのコンクールで優秀な成績を修め、1996年からクレモナ国際弦楽器製作学校で講師を務めている。

モラッシーファミリー 特別招聘イベント 2days

ゲスト: シメオネ・モラッシ、ジョバンニ・B・モラッシ

2019年4月13日(土)

14:00開演

会場:クロサワバイオリンお茶の水店

無料/予約制

4月13~14日の2日間、クロサワバイオリンお茶の水店・渋谷本店にてシメオネ/ジョバンニ氏による特別招聘イベントを開催致します。各マエストロに自身の作品について製作ストーリーを語っていただくほか、当社で初めてシメオネ氏の長男であるジュリオ氏の新作バイオリンを展示いたします。また、昨年2月に惜しまれつつ亡くなられたシメオネ氏の父、ジオ・バッタ・モラッシー氏の若き時代のバイオリンを特別に展示し、シメオネ氏に父の人物像なども語っていただく予定です。観覧は無料ですので、事前にご予約の上、是非お越しください。

※展示予定楽器は各イベント時に合わせて展示致します。4月15日以降はお茶の水店にて引き続き展示/商談会を実施致します。

 【1】プレゼンテーション& レクチャー

G.B.モラッシの経歴をクレモナ・バイオリン・スクールの歴史も含めたスライドを使ったプレゼンテーションや製作レクチャー等(所要時間40分~60分)


 【2】モラッシによる楽器の点検調整会

モラッシ作の楽器をお持ちのお客様向けに、楽器の点検調整会を開催いたします。(一人10分程/定員5名)

[申し込み方法]
【1】と【2】それぞれ別々にお申し込みを受け付けいたします。メールまたはお電話でご予約下さい。
その際、氏名、年齢、連絡先、【1】と【2】どちらを希望かご明記ください。両方の場合はその旨をご記載ください。

[申し込み締切]
定員に達し次第終了。

 ご予約・お問い合わせはこちらから

メールソフトが起動しますので、上記必要事項をご記載ください。
※定員に達し次第受付終了とさせて頂きます。

Simeone Morassi (シメオネ・モラッシ)

1966年生まれ。弦楽器製作界の巨匠ジオ・バッタ・モラッシ氏の長男として生まれる。製作学校を卒業後モラッシ工房で後継者として働き、ポーランドやチェコなどのコンクールで優秀な成績を修めている。


Giovanni Battista Morassi (ジョバンニ・バティスタ・モラッシ)

1969年生まれ。ジオ・バッタ・モラッシ氏の甥。ジョルジオ・スコラリと共に工房を開く。クレモナやバーニャカヴァッロのコンクールで優秀な成績を修め、1996年からクレモナ国際弦楽器製作学校で講師を務めている。

ストラディヴァリウス コンサート

ゲスト: 景山誠治(バイオリン)、景山梨乃 (ハープ) 

2019年4月6日(土)

15:00開演

会場:クロサワバイオリンお茶の水店

無料/予約制

当社所有のストラディヴァリウス『Lord Borwick』を用いての特別なコンサートを開催いたします。ゲストにはバイオリン奏者の景山誠治さん、伴奏にハープ奏者の景山梨乃さんをお迎えいたします。歴史的価値のある作品を間近でお楽しみいただけるこの機会。ぜひお気軽にお越しください。

 Stradivarius "Lord Borwick" 1702

アントニオ・ストラディヴァリ 黄金期の歴史的名器です。 1640年代にイタリアのクレモナに生まれたストラディヴァリは、二コラ・アマティに弦楽器製作を師事し、亡くなる1730年代まで多くの楽器を製作しました。 彼の作品はその後の弦楽器製作の規範となっており、現在でも多くの製作家が追い求める理想の作品です。


 プログラム

・ヴィターリ/シャコンヌ
・バルトーク/ルーマニア民俗舞曲
・ドビュッシー/アラベスク第1番(ハープソロ)
・マスネ/タイスの瞑想曲
・サン=サーンス/ヴァイオリンとハープのためのファンタジー
・コダーイ カーロ村の踊り

[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。その際、氏名、年齢、連絡先をお知らせください。
※未就学児の観覧はご遠慮ください。

[申し込み締切]
定員に達し次第終了。

 ご予約・お問い合わせはこちらから

メールソフトが起動しますので、上記必要事項をご記載ください。
※定員に達し次第受付終了とさせて頂きます。

景山誠治(バイオリン)

東京藝術大学卒業。全日本学生音楽コンクール小学校の部、中学校の部全国第1位。高校在学中に日本音楽コンクール入賞、松下賞受賞。1980年霧島国際音楽祭賞、民音室内楽コンクール2位、斉藤秀雄賞受賞。81年ヴィニエアフスキ・コンクール入賞、84年ロン=ティボー・コンクール最高位。89年ベルリンでのリサイタルが絶賛され、ドイツ8都市でオーケストラと共演。92年ベルリン・コーミッシュオパーオーケストラと共演、ミュンヘン、ライプツィヒでリサイタル。95年中南米諸国でリサイタル、ベネズエラ国立シモンボリバルオーケストラと共演。11年韓国プサン・フィルと共演。東京藝大准教授、東京音大教授、霧島国際音楽祭講師及び企画委員を歴任。現在桐朋学園大教授。CD「華麗なるポロネーズ」(96年)、「ガルシア=ロルカの思い出に」(09年)。


景山梨乃(ハープ)

8歳よりハープを始める。 現在東京交響楽団首席ハープ奏者。 日本ハープコンクールアドヴァンス部門第1位、リリーラスキーヌ国際ハープコンクールシニア部門最高位(1位なしの2位)併せて特別賞受賞、 USA国際ハープコンクール第2位併せてグリエール賞 (最優秀コンチェルト演奏賞)を受賞、ミュンヘンARD国際音楽コンクールで第3位など、多数受賞。2018年新日鉄住金音楽賞フレッシュアーティスト賞受賞。 東京藝大付属音楽高校を経て2008年同大学入学。学内にて福島賞、平山郁夫文化芸術賞を受賞。 2009年よりフジテレビより給付金を得てパリエコールノルマル音楽院に在籍。2011年、同音楽院最高ディプロムを審査員満場一致と特別評価を受け取得。その後ベルリン芸術大学で学び、同時にベルリンフィル・カラヤンアカデミー修了。2013、2014年度(財)ロームミュージックファンデーション奨学生。 これまでに渡辺かや、篠崎史子、早川りさこ、松井久子、イザベル・ペラン、 マリー=ピエール・ラングラメ各氏に師事。

セントラル愛知交響楽団 室内楽サロンコンサート Vol.4
~ Stradivarius ~

ゲスト:寺田史人
セントラル愛知交響楽団コンサートマスター

2019年2月9日(土)

14:00開演

会場:クロサワバイオリン名古屋店

無料/予約制

定員:35名(定員になり次第、予約受付を終了させて頂きます。予めご了承下さい。)

恒例のセントラル愛知交響楽団によるコンサート。4回目となる今回は、クロサワバイオリン所有のストラディヴァリを使用したバイオリンコンサートになります。 演奏は、セントラル愛知交響楽団コンサートマスターの寺田史人 氏。300年の時を超えたストラディヴァリの旋律を心行くまでお楽しみください。


[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。店頭でも受け付けております。
メールの場合本文には代表者の方の氏名、人数、電話番号もご記載ください。

[申し込み締切]
定員に達し次第終了。

 ご予約はこちらから

寺田史人

明治大学経営学部卒業後、桐朋学園大学音楽学部ディプロマコースに進み、 チェコ共和国プラハ音楽院にて研鑽を積む。カルロヴィ・ヴァリ交響楽団第一ヴァイオリン奏者、 西チェコ交響楽団コンサートマスターを経て、現在セントラル愛知交響楽団コンサートマスター。 寺田弦楽四重奏団主宰、プシャーテルカルテットメンバー。金城学院大学非常勤講師。 ぐんま新人演奏会出演。ロシア音楽祭、アジアユースオーケストラ、パシフィックミュージックフェスティバルに参加。 西チェコ交響楽団とはソリストとしても数多く共演、クナイプミュージックフェスティバル(ドイツ)に招かれ出演。 第12回名古屋音楽ペンクラブ賞受賞(寺田弦楽四重奏団として)。 これまでに小谷公子、辰巳明子、山口裕之、F. カリマン、M. ヴォルフ、J. フォルティン、J. ターリッヒ、 室内楽をM. ランガー、O. バルツァー各氏に師事。名古屋芸術大学非常勤講師。

ストラディヴァリウスコンサート

ゲスト:松浦奈々(バイオリン)、宗和純(ピアノ)

2019年1月26日(土)

13:00開演(12:30受付開始)

会場:クロサワバイオリン大阪梅田店

無料/予約制(先着60名/自由席)
定員に達したため受付を終了いたしました。

松浦奈々さんによるストラディヴァリウスを用いたコンサートを開催いたします。ピアノ伴奏は宗和純さんです。使用するのは当社所有の1702年製『Lord Borwick』。歴史的価値のある作品を間近でお楽しみいただけるこの機会。ぜひお気軽にお越しください。

 ストラディヴァリ特別展示 1/19(土)~27(日)

弦楽器製作家が追い求める理想であるストラディヴァリウス。歴史的名器であるストラディヴァリウスを期間限定で特別展示いたします。(予約不要)
1702年製『Lord Borwick』
アントニオ・ストラディヴァリの黄金期の作と言われる歴史的名器です。




松浦奈々(まつうら なな)

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学を首席で卒業、読売新聞社主催による新人演奏会に出演。第51回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学の部第一位。第54回全日本学生音楽コンクール東京大会高校の部第三位。第15回宝塚ヴェガ音楽コンクール弦楽器部門第一位。ヴァイオリンを故・工藤千博、原田幸一郎の両氏に、室内楽を徳永二男、毛利伯郎の両氏に師事。これまでに「プロジェクトQ」第1章~4章、JTアートホール室内楽シリーズ、宮崎音楽祭、NHKーFM『リサイタル・ノヴァ』等に出演。2011年8月から2015年3月まで日本センチュリー交響楽団アシスタント・コンサートミストレスを経て、2015年4月より同楽団コンサートマスターに就任。オーケストラだけでなくソロ、アンサンブルにも力を入れ「イザイ全曲演奏会」など精力的に活動している。


宗和純(ソン・ファスン)

京都市立音楽高校卒業。パリ国立地方音楽院最高課程を一等賞で修了、ディプロム取得。C.ソアレス、佐藤薫、迫昭嘉、O.ガルドン、B.リグットの各氏に師事。国内外のコンクールにて受賞多数。日仏、韓仏交流事業、サル・ガヴォーやパリの教会にて演奏。ソリストとしてElysium管弦楽団と共演。パリ、大阪にてリサイタルや協奏曲、室内楽、京都フランス音楽アカデミークラス伴奏、NHK-FM出演等幅広く活動。大阪いずみホールにて日本演奏連盟主催ソロリサイタル開催。

クロサワバイオリン池袋店 4周年記念スペシャル企画
西江辰郎 × 津野田圭
デュオインストアコンサート
with Stradivarius

ゲスト:西江辰郎(Violin)、津野田圭(Harp)

2018年12月8日(土)

会場:クロサワバイオリン池袋店

無料/予約制

バイオリンに新日本フィルコンサートマスターの西江辰郎さん、ハープに津野田圭さんをお迎え。今年5月にデュオアルバムを発表されたお二人による特別なコンサートを開催。当日使用いただくバイオリンは当社所有のストラディヴァリウス。真近で音色を体感いただける大変貴重な機会です。終了後にはCD販売、サイン会も予定。

[タイムスケジュール]
【第一部】14:00〜
【第二部】16:00〜
各公演 定員30名
※第一部、第二部ともに公演内容は同じ

[プログラム]
バッハ/グノー:アヴェマリア
サン=サーンス:ロマンス Op.37
オーバーテュール:子守唄 Op.299
ドニゼッティ:ソナタ
シュポア:ソナタ Op.113

[当社所有のストラディヴァリウスについて]
Antonius Stradivarius 1702 “Lord Borwick”
1702年製 アントニオ・ストラディヴァリウス
彼の作品は構造や作風から大きく三つの時期に分類されますが、この「Lord Borwick」は縦長サイズのロングパターン期を脱した1700年以降の、いわゆる「黄金期」に製作されたものの一つです。

[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。メールには第一部、第二部どちらをご希望かご記載ください。店頭でも受け付けております。

 メール予約はこちらから

メールソフトが起動します。本文には希望の時間帯のほか、代表者の方の氏名、電話番号をご記載ください。


西江辰郎/ヴァイオリン
NISHIE Tatsuo (violin)

桐朋学園ソリストデュプロマコース修了。仙台フィルのコンサートマスターを経て2005年より新日本フィルのコンサートマスター。多くの世界的音楽家の信頼を集めている。ソリストとしても新日本フィル、アンサンブル金沢、チェコ室内管弦楽団など国内外のオーケストラと共演。セレーノ弦楽四重奏団、アートマントリオを結成。松尾助成、せんだい芸術祭大賞、緑の風音楽賞など受賞。これまでに辰巳明子、故ティボール・ヴァルガ、室内楽を安永徹、市野あゆみ各氏に師事。ライヴCDも多枚リリースし、いずれも高い評価を受けている。15年には久石譲の新曲Chamber Symphony for Electric Violin & Chamber Orchestraの世界初演にて6弦エレクトリックヴァイオリンのソロを務め話題になった。 また、映画「たたら侍」の主題歌『天音』(EXILE ATSUSHI&久石譲)でもエレクトリックヴァイオリンを担当。16年「題名のない音楽会」にピアノの上原ひろみとゲスト出演。マレーシア・フィルにゲスト・コンサートマスターとして招かれた他、久石譲プレゼンツMusic Futureでもコンサートマスターを務める。 http://tatsuo-nishie.world.coocan.jp/


津野田 圭/ハープ
Kei Tsunoda (Harp)

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業。 同大学音楽学部卒業。同大学大学院修士課程修了。 日本ハープコンクールジュニア部門優勝。 九州音楽コンクール弦楽器部門金賞および最優秀賞。 大阪国際音楽コンクール弦楽器部門第1位、大阪市長賞、スカラシップ賞受賞。 2007年より同コンクールの奨学金を受けパリエコールノルマル音楽院へ留学。Zaleski財団特待奨学生。文化庁新進芸術家海外研修員として同音楽院高等演奏課程で学び、満場一致の最高位でディプロムを取得。 これまでに菊池好志子、篠崎史子、渡邊萬里、早川りさこ、イザベルペランの各史に師事。

アンドレア・ハンセル 来日

製作レクチャー・実演会

2018年12月1日(土)

14:00開演

会場:クロサワバイオリンお茶の水店

無料/予約制

イタリアで開催されたConcorso di Liuteria Maggio 2017にでバイオリンとチェロがゴールドメダルを獲得。その卓越した技術で一躍世界的知名度を上げたAndreas Haensel(アンドレア・ハンセル)。妥協を許さぬ罪へのこだわりや精緻なウッドワークから、オールド特有の「音響特性」を見事に再現する素晴らしい技術は、日本でもファンを着実に増やしつつあります。
今回は、彼の新作を使用した特別演奏会を開催いたします。観覧は無料ですので、ご予約のうえお気軽にご参加ください。

 ●第1部:製作レクチャー

どのような工程を経て楽器が出来上がるのか、どのようなことに心血を注ぎ製作に臨んでいるのか。製作の様子をスライドショーをご覧いただきながら解説いたします。

 ●第2部:製作実演

製作の一部工程を店内で実演。マイスターの作業を間近でご覧いただきます。質問もお気軽にどうぞ。

 ●第3部:楽器調整会

ハンセルの楽器をお持ちのお客様を対象とした、楽器の調整会です。製作家本人による貴重な機会ですのでぜひお気軽にご参加ください。

[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。店頭でも受け付けております。
メールの場合は代表者の方の氏名、人数、お電話番号をご記載ください。調整会に参加希望の方は、その旨と楽器種をご記載ください。

 ご予約・お問い合わせはこちらから

Andreas Haensel(アンドレア・ハンセル)

1973年ドイツのエアランゲン生まれ。 ミッテンヴァルトの製作学校で学び、1992年よりブーベンロイトにあるKarl HöfnerのマスターワークショップにてAlfred Zechoに師事する。
1995年Karl HöfnerとRoderich Paesoldのワークショップにて製作のほか新モデルの開発やニスの塗装を担当。
北京Karl Höfnerのワークショップでバイオリン製作講師として活動する。
2004年ニュルンベルクのマスター試験に合格。
2009年エアランゲン近くKleinsendelbachに自身の工房を構える。

アンドレア・ハンセル 来日

2018年9月15日()

会場:クロサワバイオリンお茶の水店 2F

詳細はこちらから

無料 / 予約制


2018年9月16日()

会場:クロサワバイオリン名古屋店

※中止になりました

2018年9月17日(月・祝)

会場:クロサワバイオリン大阪梅田店

※中止になりました

【ハンセル氏の来日延期に伴う、イベント内容変更および中止のお知らせ。】
この度9/15から3日間開催を予定しておりました、アンドレア・ハンセル来日記念イベントにおきまして、ハンセル氏の都合により来日が延期となりました。 つきましては、お茶の水店は内容を一部変更しての開催、大阪梅田店と名古屋店に関しましては中止とさせて頂きます。(次回の来日は現在のところ未定) すでにご予定をいただいておりましたお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。店頭でも受け付けております。
メールの場合は代表者の方の氏名、人数、お電話番号をご記載ください。

 お茶の水店 お茶の水店のイベント詳細

Andreas Haensel(アンドレア・ハンセル)

1973年ドイツのエアランゲン生まれ。 ミッテンヴァルトの製作学校で学び、1992年よりブーベンロイトにあるKarl HöfnerのマスターワークショップにてAlfred Zechoに師事する。
1995年Karl HöfnerとRoderich Paesoldのワークショップにて製作のほか新モデルの開発やニスの塗装を担当。
北京Karl Höfnerのワークショップでバイオリン製作講師として活動する。
2004年ニュルンベルクのマスター試験に合格。
2009年エアランゲン近くKleinsendelbachに自身の工房を構える。

Bass Shock Trio × Sugitoインストアライブ

ゲスト:Bass Shock Trio

千木良縁、渡辺淳子、志水祐亮

2018年6月17日(日)

会場:クロサワバイオリン コントラバス本店

無料/予約制

今や国産のコントラバス弓と言えば「杉藤(Sugito)」ですが、この度クロサワバイオリンコントラバス本店では「スタンダードシリーズ」に加え、「マイスターシリーズ」「センシティブシリーズ」の取り扱いを開始。 今回Bass Shock Trioとのコラボが実現し、Sugitoを使用してのライブを行って頂きます。メンバーのコメントにも注目です。 ライブ後に試奏もできますので是非お越しください。

[Sugito当店ラインアップ]
●スタンダードシリーズ
その名の通り伝統的な造りの非常にバランスの取れた人気のシリーズ。初心者から上級者までのランクに対応した幅広いラインアップを有します。

●マイスターシリーズ
 職人により1本1本厳選された木材を使用し作られる上級シリーズ。しっかりした発音で存在感のある音色が特徴です。

●センシティブシリーズ
 木材の良いところだけを贅沢にを削り出して生成される、レスポンスに優れたシリーズ。よく響く艶やかな音色が特徴です。

※販売数に限りがあるため、在庫状況はお電話等でご確認ください。


[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。店頭でも受け付けております。
Tel.03-3363-9595

 メール予約はこちらから

メールソフトが起動します。本文には代表者の方の氏名、人数、電話番号をご記載ください。

Bass Shock Trio

東京音楽大学出身のコントラバス奏者4人によって2013年に結成された『Bass Shock!(仮)』から渡辺、千木良、志水の3人による今回のイベントの為のトリオ・ヴァージョン。この3人でのステージは関東各地のチャペルを回った2014年振り。今回は渡辺×志水の二重奏も交えつつ、クラシックの名曲からJazzyな曲等を演奏致します。


杉藤楽弓社

110年の歴史を誇る、日本初の楽弓専門のメーカー。「Sugito」は今や日本を代表する世界的なブランドです。熟練の職人により一本一本手作りされる弓は数々の著名演奏家から高い評価を受けています。その長い歴史に甘んじることなく研究を重ね続け、スタンダードなモデルから、新たな視点による気鋭のモデルまで幅広いラインアップがあることもこのブランドの魅力の一つです。http://www.sugito-bow.co.jp/

ビオラ デュオコンサート

2018年6月17日(日)

14:00開演

会場:クロサワバイオリンお茶の水店 2F

無料/予約制

定員35名:自由席(達し次第締め切り)

6月開催予定の「ビオラファンに大きな贈り物」の 特別企画としてビオラのお二人によるデュオコンサートをお届けいたします。普段あまり聴くことの出来ない貴重なデュオをお楽しみください。観覧は無料ですので、ご予約のうえ、お気軽にご来場ください。

 プログラム

シュターミッツ:ヴィオラデュオ1番第1楽章
バルトーク:2つのヴァイオリンのためのデュオ[ヴィオラ版]より10,14,16,19,25,40,43,44番
ベートーヴェン:ヴィオラとチェロのためのデュオ[2台のヴィオラ版]第1楽章


ご予約方法

●ご予約はお電話またはEメールでお願いいたします。
●メールでご予約の場合、件名には「6.17コンサート」と記載頂き、本文に「代表者のお名前」「電話番号」「人数」をご記載ください。


 メール予約はこちらから

※メールソフトが起動しますので上記必要事項をご記入ください。

和田美祈(ビオラ)

9歳からヴァイオリンを始める。「佐渡裕とスーパーキッズオーケストラ」にヴィオラで参加したのを機に17歳で転科、2016年に首席を務め、2017年賛助メンバーとしてウィーンでの合宿・公演に参加。第32回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール弦楽器部門高校生の部第5位、第4回いかるが音楽コンクール弦楽器プロフェッショナルの部高校生第1位、第26回日本クラシック音楽コンクールヴィオラ部門高校の部第3位(最高位)受賞。ヴァイオリンを谷本華子、永ノ尾文江の各氏に、ヴィオラを市坪俊彦、杉山雄一の各氏に師事。兵庫県立西宮高校音楽科卒業、現在東京藝術大学2年在学中。HOSHINE(株)プロデュース・super nova、東京藝大バッハカンタータクラブ等に所属


中村詩子(ビオラ)

幼少よりヴァイオリンを始める。11歳で「都響とティーンズのためのジョイントコンサート」に参加。13歳でヴァイオリンからヴィオラに転向。同年にみたかジュニアオーケストラ入団。16歳で同オーケストラのソリストを務める。第4~6回 若い芽のアンサンブルin軽井沢に参加。鈴木康浩の指導を受ける。第5、6回では成績優秀者によるコンサートに出演。第25回・27回日本クラシック音楽コンクールヴィオラ部門において全国大会出場。今までにヴァイオリンを宮崎ありさ、ヴィオラを青木史子、恵谷真紀子、大野かおる、川﨑和憲、各氏に師事。現在東京藝術大学ヴィオラ科2年。

弦楽四重奏インストアコンサート

2018年3月17日(土)

15:00開演

会場:クロサワバイオリンお茶の水店 2F

無料/予約制

ゲストに荒井智子(Vn)、加藤美菜子(Vn)、伊藤綾子(Va)、竹本聖子(Vc)の4名をお迎えし、弦楽四重奏のインストアコンサートを開催いたします。観覧は無料ですので、ご予約のうえお気軽にお越しください。

 プログラム

シューベルト:弦楽四重奏 第12番 四重奏断章 ハ短調 D.703
ラヴェル:弦楽四重奏曲 へ長調


 弓のテイスティング~新ブランドお披露目~

2月より新発売となった新ブランド「Atelier Noir」のお披露目&試奏を行って頂きます。

ご予約方法

●ご予約はお電話またはEメールでお願いいたします。
●メールでご予約の場合、件名には「3.17コンサート」と記載頂き、本文に「代表者のお名前」「電話番号」「人数」をご記載ください。


 メール予約はこちらから

※メールソフトが起動しますので上記必要事項をご記入ください。

荒井智子(バイオリン)

東京音楽大学付属高校・同大学を経て同大学院修了。ヴァイオリンを景山誠治、浦川宜也の両氏に、室内楽をD.フェイギン氏に、ヴィオラを百武由紀氏に師事。東京音楽大学付属高等学校非常勤講師。東京音楽大学付属幼稚園助手。東京音楽大学教職課程管弦楽指導助手。


加藤美菜子(バイオリン)

東京音楽大学卒業、同大学院修了。2013年、2014年と勉強のため夏は渡仏、Fugato academy festival 2013にて第3位入賞。弦楽アンサンブル「まちかど室内楽団」コンサートマスターとして埼玉県で、ピアノトリオ「浅間山重奏」として長野県で活動中。オーケストラトリプティーク、東京室内管弦楽団ヴァイオリン奏者。


伊藤綾子(ビオラ)

千葉県出身。東京音楽大学卒業。同大学院音楽研究科科目等履修生修了。第80回読売新人演奏会出演。第13回日本演奏家コンクール特別賞。現在、室内楽、プロオーケストラ客演を中心に、現代作曲家の新作初演、アーティストのライブサポートや録音、テレビ収録に携わる等、幅広いジャンルで演奏活動を行っている。


竹本聖子(チェロ)

福岡県出身。東京音楽大学卒業、東京音楽大学大学院 修了。第10回JILA音楽コンクール 室内楽部門最高位。ピアノトリオ「Regalo」、弦楽四重奏「目黒四重奏団」、 邦人作曲家の作品を演奏する「オーケス トラトリプティーク」、現代音楽と江戸文化を取り上げるクリエイショングループ「淡座」 メンバー。古典から現代まで、様々なジャンルでの演奏活動を行っている。

野口まつの・夏秋彩
バイオリン&チェロデュオコンサート

ゲスト:野口まつの(Violin)、夏秋彩(Cello)

2018年3月4日(日)

14:00開演 (13:30開場)

会場:クロサワバイオリン大阪梅田店

無料/予約制

関西フィルのバイオリニストとしてご活躍中の野口まつのさんと、同じく関西フィル出身で現在はソロで活動されているチェロの夏秋彩さんをお迎えして、デュオコンサートを開催いたします。バイオリンとチェロ、二人のアンサンブルから紡ぎ出される素敵な世界をご堪能ください。
観覧は無料ですのでご予約のうえお気軽にご来店ください。

 メール予約はこちらから

メールソフトが起動します。件名には「3.4コンサート観覧希望」とご記載ください。本文には代表者の方の氏名、人数、電話番号をご記載ください。

野口まつの

8歳より天理教音楽研究会にてヴァイオリンを始める。愛知県立芸術大学音楽学部器楽科卒業。同大学院博士前期課程弦楽器領域を首席修了。1999年、2000年、MBSこども音楽コンクール重奏部門において二年連続全国大会第1位。文部大臣奨励賞受賞。2001年小泉和裕指揮、京都市交響楽団と共演。2004年、第58回全日本学生音楽コンクール高校の部入選。2009年、第19回日本クラシック音楽コンクール全国大会第4位(1、2位該当者なし)。平成22年度優秀学生賞受賞。平成22年度成績優秀者奨学生。愛知県立芸術大学定期演奏会、卒業演奏会に選抜により出演。室内楽の楽しみ、室内楽の夕べ等に出演。2012年天理、名古屋においてリサイタルを開催。大学主催の演奏会にて、F.アゴスティーニ氏ソリストのもと、コンサートミス トレスを務める。また大学オーケストラでは外山雄三指揮のもと、コンサートミストレスを務める。公益財団法人 北野生涯教育振興会 音楽奨学生。2013年中村桃子賞受賞。「平成25年度 大学院最優秀修了生による競演」に出演。2016年世界的ヴァイオリニストA.デュメイ氏とブラームスの弦楽六重奏曲を共演。これまでに岩谷悠子、小畠雅美、玉井菜採、白石禮子、桐山建志の各氏に師事。また室内楽をD.ノーラン、百武由紀、花崎薫の各氏に師事。現在関西フィルハーモニー管弦楽団団員。


夏秋彩

10歳よりチェロを始める。東京芸術大学附属音楽高校、東京芸術大学、同大学院を卒業後、関西フィルハーモニー管弦楽団に入団し、8年間在籍。札幌ジュニアチェロコンクール最優秀賞受賞。KOBE国際学生音楽コンクール奨励賞受賞。室内楽においては「プロジェクトQ」「JTが育てるアンサンブルシリーズ」「ミュージックマスターズinかずさ」「シモンゴールドベルク記念音楽祭」「アフィニス夏の音楽祭」などに参加、出演。また、「原村リゾナーレ室内楽セミナー」にて“緑の風音楽賞”を受賞。在学中には学生オーケストラメンバーとして「アルゲリッチ音楽祭」「芸大英国公演」に参加・出演。クラシック以外の分野では写真と音楽の融合による新ジャンル「PrimalGravity」や、剣道アニメ「鳥獣剣士」で演奏を担当。その他ポップスの分野では「Tube」「コブクロ」のアルバムレコーディングに参加。現在はフリーチェリストとして活動している。これまでに河野文昭氏、向山佳絵子氏、山崎伸子氏、苅田雅治氏の各氏に師事。

Ayasaのエレキバイオリン
ワークショップ アンダー23

2018年2月17日(土)

14:00開演 (13:30開場)

会場:クロサワバイオリン新宿店 1F  ※同ビル2階が当店になります。

無料/予約制

昨年開催し大好評を得た、バイオリニストAyasaによるエレキバイオリンワークショップの第2弾。

ポップス、ロック他オールジャンルで活躍するバイオリニスト Ayasaによるエレキバイオリンワークショップ第2弾が開催決定。 23歳までの若手バイオリニストのためにエレキバイオリンの楽しさとおもしろさ、 エレキバイオリンだからできる素晴らしい世界をレクチャーしていただきます。 ふだんからエレキバイオリンをお使いの方もそうじゃない方も、 はたまたこれから始めてみたい方でも大歓迎! また当日は、ご参加いただいた皆さんとAyasaで奏でる大セッションも開催予定。 自分のバイオリンを持って一緒に楽しみましょう!!


【注意事項】
入場は6歳~23歳の方のみ対象とさせていただきます。
・入場の際に年齢を確認いたしますので免許証・保険証・学生証等をご用意ください。
・15才までのお子様は、親族の方1名様まで同伴とさせていただきます。
(同伴者の観覧は会場の後方からの観覧となります。)
・イベントの最後にアーティストと来場者での演奏を予定しています。
・演奏(セッション)を希望される方には事前に楽譜をファイルにて送らせていただきます。
・楽器貸し出しはいたしませんので楽器はお客様ご自身でお持ちください。 (エレキ・アコースティックどちらでもかまいません)
また譜面台の貸し出しもございませんので、必要なお客様はお持ちください。
・会場内での、動画・静止画の撮影ならびに録音はご遠慮ください。


[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。その際、氏名、年齢、連絡先、演奏希望の有無をお知らせください。

[申し込み締切]
定員に達し次第終了。

 メール予約はこちらから

メールソフトが起動します。件名には「2.17Ayasaワークショップ」とご記載ください。


Ayasa/あやさ

1991年 東京生まれ。3歳よりヴァイオリンを始め、桐朋学園付属子供のための音楽教室を経て、桐朋女子高等学校音楽科に入学。学生時代にアンドレ・アニハーノフ指揮サンクトペテルブルク祝祭交響楽団コンサート・ツアーにソリストとして参加し、東京オペラシティを始め全国13公演を務めた。2011年インストゥルメンタルバンド「Sword of the Far East」に参加。多くのLive活動、音楽制作を経て、2015年ソロ活動をスタート。TVCMや人気バラエティ番組に出演したほか、NMB48山本彩やももいろクローバーZのライブバンドメンバーとして演奏するなど、多方面で活躍。また、自身が無類のアニメ好きであることから自らアニメに登場するキャラクターのコスプレをして、アニメソングをバイオリンでカバーする弾いてみた動画を多数youtubeにアップ。演奏のレベルの高さはもちろんコスプレのクオリティーの高さでアニメファンの心を掴み、現在チャンネル登録者数13万人越え!1月24日に自身5枚目となるミニアルバム「CHRONICLE V」をリリース。同作に収録されている「告白の夜」が現在、TBS White Sacas 10th Anniversary テーマソングに起用されている。ありとあらゆる音楽ジャンルで活躍する、独自の地位を確立させた今最も注目度の高いバイオリニストである。
http://www.ayasa-violin.com

セントラル愛知交響楽団
サロンコンサート Vol.3

ゲスト:榊原利修(コントラバス)、 榊原祐子(ピアノ)

2018年2月11日(日)

14:00開演

会場:クロサワバイオリン名古屋店

無料/予約制

定員:35名(定員になり次第、予約受付を終了させて頂きます。予めご了承下さい。)

昨年より定期開催となっているセントラル愛知交響楽団メンバーによるサロンコンサート。第3回目は、コントラバス・ピアノによるデュオコンサートをお届けします。普段聴く機会の少ない コントラバスソロを、是非お楽しみ下さいませ。

[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。店頭でも受け付けております。
メールの場合、件名には「2.11コンサート」とご記載ください。本文には代表者の方の氏名、人数、電話番号もご記載ください。

[申し込み締切]
定員に達し次第終了。

 ご予約はこちらから

榊原利修(コントラバス)

愛知教育大学卒業後、桐朋オーケストラアカデミー修了。中博昭氏に師事。 2003年渡欧しプラハ音楽院にてチェコフィルハーモニー管弦楽団のイジー・ヴァレンタ氏に師事。プラジャーク弦楽四重奏団、チェコ・フィル元コンサートマスターのフランチシェク・ホスト(チェロ)氏といったチェコの演奏家との共演の他、アコーディオン奏者アンジェロ・アクィリーニ氏主宰のトリオ、鳥越啓介氏とのデュオコンサートなどジャンルを超えたにアーティストとの共演多数。 現在セントラル愛知交響楽団コントラバス奏者。愛知県立明和高校音楽科非常勤講師。 コントラバスの魅力(2008年)、モティヴィ コントラバスのためのソロ・デュオ集(2013年)の2枚のCDを発売


榊原祐子(ピアノ)

国立音楽大学ピアノ科卒業、岡山大学大学院教育学研究科修了、プラハ芸術アカデミー研究科修了。田村安佐子、ヤン・パネンカの各氏に師事。 チェコのプラジャーク弦楽四重奏団と共演を重ね、フランスハルモニアムンディ社からCDデビュー、1998年ディアパゾンドール室内楽部門最優秀賞受賞。7年間のチェコ在住中に、ヨーロッパ各地の音楽祭に招かれソロリサイタル、TVやラジオ局での収録多数。マーラーの作品をおさめたCDは、2010年公開の映画「シャッターアイランド」(レオナルド・ディカプリオ主演、マーティン・スコセッシュ監督)のサウンドトラックに採用され、映画を象徴するシーンの挿入曲になっている。 プラハ市立高等音楽院、愛知県立芸術大学講師を経て、現在名古屋音楽大学講師。

近藤浩志チェロリサイタル
試奏会&商談会

ゲスト:近藤浩志(Cello)

2018年2月10日(土)

14:00開演 (13:30開場)

会場:クロサワバイオリン大阪梅田店

無料/予約制

大阪フィルハーモニー交響楽団チェロトップ奏者、またソリストとしてもご活躍中の近藤浩志先生をお迎えし、チェロリサイタル&商談会を開催いたします。

 楽器の弾き比べ

今回は当店の楽器を使用した演奏を行って頂きます。楽器を替えることでどのような変化が生まれるのか。その点にも注目してお楽しみください。
使用楽器:Gliga GamaⅡ/ R.Bergonzi / M.Capicchioni
※販売状況により変更になる可能性がございます。


 商談会開催

演奏の終了後には引き続き近藤先生にもお立合い頂く商談会を開催いたします。チェロご購入を検討されているお客様はぜひこの機会にご参加ください。【予約制】

【予約方法】お電話またはメールで受け付けております。

 メール予約はこちらから

メールソフトが起動します。件名には「2.10リサイタル観覧希望」とご記載ください。本文には代表者の方の氏名、人数、電話番号をご記載ください。演奏後の商談会に参加希望の方はその旨もご記載ください。

近藤浩志

幼少より父にピアノ、母に声楽を師事する。 京都市立堀川高校音楽科、東京藝術大学を経て、仏エコール・ノルマル、ブローニュ音楽院両校を首席で卒業。 1996年第2回大阪国際室内楽コンクール入選。1996年、1997年松尾学術振興財団音楽コンクール最優秀賞を二年連続で受賞。1999年第3回大阪国際室内楽コンクール第4位ならびに特別賞受賞。 新日本フィルハーモニー交響楽団、東京ポップスオーケストラを経て、現在大阪フィルハーモニー交響楽団チェロトップ奏者。ソリストとして、ニューヨークのカーネギーホールや国連会議場、英デュークホールなどでの活動をはじめ、新日本フィルや大阪フィル、ニューヨークフィル、仏オーヴェルニューオケなど国内外のオーケストラともコンチェルト等を多数共演。 英国・ロンドンウエストミンスター紙上では「燃えるような音色と才能溢れる音楽!」と絶賛され、ニューヨークではスキッチ・ヘンダーソンに「今すぐブレイクする実力がある!」と絶賛される。また、世界的指揮者ジャン・フルネ氏より「現代第一級のソリスト」の推薦状を受理する。 久石譲、服部克久両氏に認められアンサンブルのメンバーとしてツアーに参加。数多くのCMや多数のジブリをはじめとする映画音楽などでの演奏のほか、NHKの「夕方クインテット」のスコアさんの演奏も担当。 2003年久石譲全面プロデュースのもとソロデビューCDをリリース。 そのほか室内楽奏者として、アンサンブル・ベガを中心に活動。指導者として大阪音楽大学、神戸女学院大学、大阪芸術大学などで後進の指導にも力を入れている。 2017年6月10日、14年ぶりのソロアルバム「この道」をリリース。同年、ムジカ・セレナータを創立しCDや自主コンサートなども企画制作している。

渡邉辰紀&高橋泉
チェロデュオコンサート

ゲスト:渡邉辰紀、高橋泉

2018年1月14日(日)

14:00開演

会場:クロサワバイオリン渋谷本店

無料/予約制

「イタリアンチェロお得な大販売会」の開催にあたり、素敵なチェリストをお招き。2本のチェロによるデュオ・コンサートを開催いたします。

プログラム

パガニーニ / ロッシーニのオペラ『エジプトのモーゼ』の主題による変奏曲
チャイコフスキー / ロココ風の主題による変奏曲(チェロ二重奏版) 他

【予約方法】お電話またはメールで受け付けております。

 メール予約はこちらから

メールソフトが起動します。件名には「1.14イベント観覧希望」とご記載ください。本文には代表者の方の氏名、人数、電話番号をご記載ください。

渡邉辰紀

東京藝術大学卒業。学内において[安宅賞]受賞。第52回日本音楽コンクール入賞。ドイツ留学中にはコンサート活動をはじめ、バイエルン放送、ドイツ放送等のFMにも多数出演。 また、内外のジャズフェスティバルで井野信義、高瀬アキ、山下洋輔、ニルス・ペデルセン等超一流ジャズミュージシャンたちと共演するなど、クラシックだけにとどまらない幅広く多彩な演奏活動は高く評価されている。北西ドイツフィルハーモニーのソロチェリストを経て、2006年8月東京フィルハーモニー交響楽団の首席チェリストに就任。 CDに高瀬アキ、井野信義との共演「CLOSE UP OF JAPAN」、トビアス・PM・シュナイト「Cascando Ⅱ」、スーパーチェロアンサンブルトウキョウ等。


高橋泉

西本智美プロデュース イルミナートフィルハーモニーオーケストラ団員。桐朋学園大学アンサンブルディプロマ修了。フランス国立ボルドー地方音楽院、パリ市立ポール デュカ音楽院にて研鑽を積む。06-09'オペラみなとみらいプロジェクトオーケストラ団員。日本クラシック音楽コンクール最高位。コンセールヴィヴァンコンクール第一位及び優秀賞。モーツァルトプレーヤーズオーケストラ、スーパーチェロアンサンブル東京、The orchestra Japan、テレビ出演、レコーディング、病院や老人ホーム慰問演奏等、様々な演奏活動をしている。また後進の指導にも力を注ぐ。

新春コンサート

ゲスト:三瀬由起子(vn) 仲香織(pf)

2018年1月7日(日)

14:00開演 (13:30開場)

会場:クロサワバイオリン大阪梅田店

無料/予約制

バイオリンとピアノによる店内コンサートを開催。京都市交響楽団でご活躍されているバイオリニストの三瀬由起子さん、ピアノ伴奏に仲香織さんをお迎えいたします。観覧は無料ですのでお気軽にお越しください。(予約制)

プログラム

・モンティ : チャルダッシュ
・マスネ : タイスの瞑想曲
・エルガー : 愛の挨拶
・情熱大陸メインテーマ
・メンケン : 美女と野獣


※曲順、曲目は都合により変更になる可能性がございます。

【予約方法】お電話またはメールで受け付けております。

 メール予約はこちらから

メールソフトが起動します。件名には「1.7コンサート観覧希望」とご記載ください。本文には代表者の方の氏名、人数、電話番号をご記載ください。

三瀬 由起子

小林聖心女子学院高等学校卒業。京都市立芸術大学を経て、同大学院を首席で修了。音楽学部賞、大学院賞を受賞。卒業演奏会、定期演奏会、関西新人演奏会等に出演。また、プラハ音楽アカデミーに短期留学生として派遣される。京都フランス音楽アカデミーに参加し、G.プーレ、R.パスキエ、C.イヴァルディ各氏のマスタークラスを修了、受講生による修了演奏会に出演。PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)に参加し、首席奏者を務める。京都市交響楽団とシベリウスのヴァイオリン協奏曲を共演。京都市立芸術大学大学院博士課程に在籍し、E.イザイの無伴奏ソナタにおける技法及びその演奏法について研究を行う。これまで松永みどり、奥野敬子、工藤千博、久合田緑、四方恭子、豊嶋泰嗣の各氏に師事。現在京都市交響楽団ヴァイオリン奏者。大阪音楽大学非常勤講師。京都ノートルダム女子大学ヴァイオリン講師。華頂女子高等学校音楽科非常勤講師。西宮音楽協会会員。


仲 香織

兵庫県立西高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部器楽科卒業、同大学院ピアノ専攻終了。京都芸術祭において京都市長賞、堺国際ピアノコンクール一般部門第3位等、受賞歴多数。現在は、在阪オーケストラの客演鍵盤楽器奏者としても活動中。後進の育成にもつとめている。

ドイツのマイスター Andreas Haensel 来日
「だからジャーマン! やっぱりジャーマン!!」

2017年11月5日()

13:00スタート

会場:クロサワバイオリンお茶の水店 2F

無料 / 予約制

その卓越した技術で今まさに世界的知名度をあげているAndreas Haensel(アンドレア・ハンセル)。妥協を許さぬ材への拘りや寸分狂わぬウッドワークから、オールド特有の「音響特性」を見事に再現する素晴らしいドイツマイスターです。2017年イタリアのフローレンスで開催された製作コンクール”Concorso di Liuteria Maggio 2017”にてバイオリンとチェロでそれぞれゴールドメダルを獲得されました。

この度は、そんな氏の来日が決定し、クロサワバイオリンでの招聘イベントが実現いたしました。
当日はゴールドメダルを受賞したバイオリンとチェロに加え、新作も数挺ご披露いただきます。またそれらを用いての特別演奏会もございます。観覧は無料ですので、ご予約のうえお気軽にご参加ください。

 イベント内容(予定)

〇13:00~ Haensel氏による製作過程の紹介
〇13:30~ 新作紹介&特別演奏会
〇14:00~
  ・[Haenselバイオリンオーナー様限定] Haensel氏による無料楽器点検
  ・質疑応答
  ・新作楽器試奏会

[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。店頭でも受け付けております。
メールの場合は代表者の方の氏名、人数、お電話番号をご記載ください。

 ご予約はこちらから(お茶の水店) お茶の水店 TEL:03-3292-0821

ボタンをクリックするとメールソフトが起動します。件名には「ハンセル来日イベント」とご記載ください。


[申し込み締切]
定員に達し次第終了。

Andreas Haensel(アンドレア・ハンセル)

1973年ドイツのエアランゲン生まれ。 ミッテンヴァルトの製作学校で学び、1992年よりブーベンロイトにあるKarl HöfnerのマスターワークショップにてAlfred Zechoに師事する。
1995年Karl HöfnerとRoderich Paesoldのワークショップにて製作のほか新モデルの開発やニスの塗装を担当。
北京Karl Höfnerのワークショップでバイオリン製作講師として活動する。
2004年ニュルンベルクのマスター試験に合格。
2009年エアランゲン近くKleinsendelbachに自身の工房を構える。

Lorenzo Cassi
商談会in東京・大阪

2017年5月27日()

14:00スタート(13:30開場)

会場:クロサワバイオリンお茶の水店


2017年5月28日()

14:00スタート(13:30開場)

会場:クロサワバイオリン大阪梅田店

弦楽器の本場イタリアの製作家、ロレンツォ・カッシ氏の商談会をお茶の水店と大阪梅田店で開催。この日のために特別にご本人もお招きしての贅沢な会が実現いたしました。当日はスタッフまたはお客様による試奏やご購入の見積もりシミュレーション、下取り・買い替え相談はもちろんのこと、カッシ氏による製作工程のレクチャーなどのイベントもご用意しております。30名様限定となっておりますので、お早めにご予約下さい。

 出展品 - バイオリン x2挺、ビオラ x1挺 チェロ x1挺




[申し込み方法]
メールまたはお電話でご予約下さい。店頭でも受け付けております。
メールの場合は代表者の方の氏名、人数、お電話番号をご記載ください。

 ご予約はこちらから(お茶の水店) お茶の水店 TEL:03-3292-0821
 ご予約はこちらから(大阪梅田店) 大阪梅田店 TEL:06-4796-9638

ボタンをクリックするとメールソフトが起動します。件名には「ロレンツォカッシ商談会」とご記載ください。


[申し込み締切]
定員に達し次第終了。

Lorenzo Cassi(ロレンツォ・カッシ)

1974年生まれ。フランチェスコ・ビソロッティの弟子であった彼は、その正確無比な製作技術と音質が高く評価されており、現在若手No.1の呼び声も高い。