柏木真樹バイオリンワークショップ 知っておきたいセルフチューンアップ

ここまで変わる、響きの可能性。

様々なコンディションによって、まったく違う音色になる弦楽器。 調整には職人の技が必要となりますが、演奏家自身で施せる簡単な音調整のヒントを、 柏木真樹がレクチャーいたします。新作イタリアンバイオリンを例に実演と トークでお届けする、バイオリン愛好家必見のワークショップです。

柏木真樹

1959年大阪生まれ。幼少の頃から始めたピアノを9歳でヴァイオリンに持ち替えた。東京大学音楽部管弦楽団、ジュネス・オーケストラなどのコンサートマスターを経てプロ転向を目指したが、腱鞘炎などのために挫折。以来、アマチュア奏者として、多くのアマチュアオーケストラのコンサートマスターやトレーナーとして活動。その活動を活かしたアンサンブルのトレーニングが好評を博し、2001年よりストリングス・アズールの指揮者、2003年から2010年まで東京グリーン交響楽団のトレーナーを歴任。指導者としては、1990年代から主に大人になってヴァイオリンを始めた人の指導を本格化させた。体の構造、運動論や頭の使い方を徹底的に検証したユニークな指導法には定評があり、2002年から2004年までの「ストリング」誌の連載や発刊当初からの「サラサーテ」誌の連載にもファンが多い。その研究成果に基づいた著書『ヴァイオリンを弾くための体の作り方・ 使い方』(せきれい社)を2012年11月に出版。昨年来クレモナで多くの製作者との交流を持ち、今年9月にはクレモナのヴァイオリン博物館で製作者を対象とするワークショップを開催する予定。

2016.7.10(日)

 15:00~無料・予約制(定員:25名)

会場:クロサワバイオリン池袋店

 ご予約はこちらから

件名には「7.10イベント参加希望」とご記入いただき、本文にはお名前、電話番号、人数をご記載ください。
定員に達し次第受け付けは終了とさせていただきます。