お茶の水店

Event Information

イベント情報

トマッゾ・プンテリ
楽器調整相談会

2017年9月2日(土)~12月31日(日)

会場:クロサワバイオリンお茶の水店

当社専属の職人トマッゾ・プンテリによる弦楽器の修理・調整相談会を開催いたします。期間中は毎月10名様限定で、相談を承ります。イタリアをはじめ、世界各地で研鑽を積んできた職人の目から、あなたに合った最適な点検調整を施します。



2タイプのメニューをご用意いたしました。 お客様のご希望に合わせてお選びいただけます。【毎月10名限定】

 A.サウンド調整会

お客様のご要望に合わせ、音色や響きを調整いたします。【¥5,000(税別)/お一人様30分程度】


 B.イタリアン調整会(無料)

当社でイタリア製楽器をご購入いただいたお客様を対象に、無料で修理、調整いたします。【一回限り/お一人様30分程度】

※症状によっては有料になる可能性がございます。


※期間中常駐リペアマンによる通常の修理・調整も受け付けております。(有料)


●どちらも予約制です。A,Bのいずれかのメニューを お選びいただき、お電話またはメールにてご予約下さい。
●Eメールでご予約の場合は日程・時間ともに第2希望まで、また楽器の種類をご記載ください。
●ご予約の際には、当店営業時間内でご希望の時間をお伝えください。


 メール予約はこちらから

メールソフトが起動します。件名には「楽器調整相談会」とご記載ください。本文には代表者の方の氏名と電話番号、ご希望のスケジュールをご記載ください。

Tommaso Puntelli(トマッゾ・プンテリ)

1974年イタリア生まれ。
1994年ミラノのバイオリン製作学校にてNadia Mantovani、Primo Pistoni らに師事。1996年クレモナの国際バイオリン製作学校にてGiorgio Ceに師事。
1998年Giorgio Grisalesの工房にて製作及び修理を行う。
2001年ドイツ・ニュルンベルグの工房に勤務。
2004年オーストリア・ザルツブルグのGesine Mucke-Adrian Elschekの工房に勤務し、楽器修理を主に行う。
世界各地で研鑽を積み、数々の工房で得た技術と知識を生かし、様々な内容の修理を得意とする。 イタリア・ジェノバ、トスカーナでの研鑽を経て、2014年3月よりクロサワバイオリンでのリペア業務を開始。

「ビオラファンに大きな贈り物」特別企画
弦楽三重奏インストアコンサート

2017年6月24日(土)

14:00開演

会場:クロサワバイオリンお茶の水店 2F

盛況のうちに終了致しました。ご来場いただきありがとうございました。

現在開催中のフェア「ビオラファンに大きな贈り物」の特別企画として、店内コンサートが決定いたしまいした。バイオリン、ビオラ、チェロによる弦楽三重奏という、それだけでも珍しい編成ですが、今回は特別にビオラ主体の演奏となります。今回のフェアならではの、他では聴くことの出来ない演奏会になることは間違いありません。
また、ビオラを演奏いただく七澤達哉さんは愛用されているFrancesco Bissolottiを用いての演奏となりますので、その点も聴きどころです。
観覧は無料ですので、ご予約の上お気軽にお越しください。

白井麻友(バイオリン)

東京藝術大学卒業。第56回全日本学生音楽コンクール高校の部全国第1位をはじめ、第16回日本演奏家コンクール第1位、ほか優勝多数。元兵庫芸術文化センター管弦楽団フォアシュピーラー、元新日本フィルハーモニー交響楽団契約フォアシュピーラー。現在、サントリーホール室内楽アカデミー第4期フェロー。http://mayushirai.jp


七澤達哉(ビオラ)

東京藝術大学卒業。第12回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第1位、神戸市長賞受賞。第2回宗次ホール弦楽四重奏コンクール第2位。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2015第1位。小澤国際室内楽アカデミー、SKF等に参加。これまでにヴィオラを川本嘉子、川崎和憲、市坪俊彦の各氏に師事。


丸山朋文(チェロ)

東京藝術大学卒業。在学中に小林研一郎指揮、東京芸術大学オーケストラとエルガーのチェロ協奏曲を共演。同声会賞、安宅賞受賞。卒業後は演奏と作曲で活躍。弦楽四重奏で4枚のCDを発表。映画「父をめぐる旅」、「物置のピアノ」の音楽を作曲。チェロを勝田聰一、河野文昭、花崎薫、ウィリアムプリースの各氏に師事。

Lorenzo Cassi
本人立会い商談会in東京・大阪

2017年5月27日()

会場:クロサワバイオリン大阪梅田店

クレモナの若き製作家、ロレンツォ・カッシ氏が来日。自身の新作バイオリンを携え、ご来店いただきます。当日は商談会を開催し、様々な企画もご用意しております。
詳細は↓こちらで随時発表。

 お問合せはこちらから

マエストロ・パブロ・サッコ
イタリアン無料調整会

2017年4月30日(日)~5月21日(日)

会場:クロサワバイオリンお茶の水店

本場クレモナでバイオリンの製作を学び、日本に渡ってからはクロサワバイオリンのリペア部門を支え続けてきたマエストロ・パブロ・サッコ。現在はクレモナで工房を構える彼が、一時的に来日、お茶の水店の専属リペアマンとして戻ってまいります。 期間中はイタリアン楽器限定で無料の調整会を開催。 製作家の視点から、あなたの大事な楽器を点検調整致します。

 対象楽器:イタリアンのバイオリン・ビオラ・チェロ

※期間中はパブロ・サッコ並びに常駐リペアマンによる通常の修理・調整も受け付けております。(有料)


●予約制ですので下記のカレンダーよりご都合があう日程をお選びいただき、お電話またはEメールでご予約下さい。
●ご予約の際には当店営業時間内でご希望の時間をお伝えください。お一人様最大1時間までです。
●Eメールでご予約の場合は日程・時間ともに第2希望まで、また楽器の種類をご記載ください。



 メール予約はこちらから

メールソフトが起動します。件名には「イタリアン無料調整会」とご記載ください。本文には代表者の方の氏名と電話番号、ご希望のスケジュールをご記載ください。

Maestro Pablo Sacco (パブロ・サッコ)

1965年、アルゼンチンブエノスアイレス生まれ。Master Maurizio Tadiolliの指導のもと、1996年よりクレモナの“Scuola di liuteria I.P.I.A.L.L”で学び始める。 その後Giorgio Ceに学び、1999年7月に学校を卒業した後、12月にポスト・ディプロマ・コースを終え、Master Giorgio Grisalesの指導のもと、バイオリン“Vulcano”を製作。 その後、Grisalesのワークショップで働く。 数年間、日本に渡りクロサワバイオリンのリペアマンとして従事。 2017年、自身の工房をクレモナに開く。